淡中 圏の脳髄(永遠に工事中)

このページについてフィードバック(感想・意見・リクエスト)を送る

Πάντα ῥεῖ

トップページ

昼寝から目覚めてみると、主人公はこの瞬間にも腐っていき、小説もとっくの昔に終わっていた。