淡中 圏の脳髄(永遠に工事中)

このページについてフィードバック(感想・意見・リクエスト)を送る

Πάντα ῥεῖ

書庫

検索結果:114件

作品名 発表時期 章数 文字数 タグ
焼却炉のエスカレーター 2010/07/20 1 2486
地下鉄に乗ろうと急いでいた安藤さんが、エスカレーターに乗ると、
鏡 もしくは ドッペルゲンガー 2009/09/08 1 1203
あれは鏡、そっくりさん、それともドッペルゲンガー?
道の途中 2009/09/08 1 4620
どこまでも続く行列。僕らはそこで生まれそこで死ぬ。
彼女のワープ 2009/05/20 1 7451
ここよりもうちょっと素敵な場所に行きたい。彼女はそう言ったのだ。
23世紀の精神異常者たち 2009/05/05 1 2339
タイムマシンは発明され、そして封印された。なぜか。
妄想になった男 2008/08/23 1 7057
気が狂った主と老執事だけが住んでいるという荒れ果てた屋敷に忍び入った盗人が見たものは。
いつかの涙 2008/07/21 1 1491
彼女の悲しみはいつだって大遅刻だ
道に迷う 2008/07/19 1 1030
知ってる道にいながら迷ってしまったらどうしたらいいのか。
自分が汚したわけでもない部屋を掃除するのは正直ごめんです 2008/06/07 1 32055
音沙汰のない知り合いの部屋を訪れたら、大変なことになっていた。そしてその中で見つけたものは。
名前 2008/05/22 1 1007
世界中のすべての名前を自分につけてしまおうという陰謀の顛末
House of Tomorrow 2008/03/27 1 1865
未来の家。あなたは存在すること以外何もする必要がない。
親切 2008/03/21 1 568
親切な宇宙人が滅びた人類を断片的な情報から再現する。
ヘッケル博士!わたくしがそのありがたい証明の 2008/02/14 1 5630
妻がとんでもないものを出産した。それを見た医者は大丈夫だと確言するが
シンデレラ 2008/01/09 1 3274
偽りの家族のいじめに耐えながら舞踏会に出ることを夢見るシンデレラは優しい魔法使いの助けを得てお城に向かう。
失われた記憶 2007/11/26 1 8760
海岸に打ち上げられてたりベッドで起きたりしたときに記憶喪失になってるのはまだマシで、事件の真っ最中に自分が記憶喪失であることに気付いたらとても困ると思う。
大蛤の見た夢 2007/10/14 1 11066
砂漠の真ん中のバス停でバスを待ち続けているのだが、なかなかバスが来ない。
事の真相 2007/09/24 1 327
クレタ島の迷宮が本当に隠そうとしたもの。
この作品を尊敬する故手塚治虫氏に捧げる 2007/08/27 1 1178
ガラスの地球を救え。
脳移植であなたも素敵に変身できる? 2007/07/10 1 1935
自分の人格や脳にほとほと嫌気がさした皆さん。思い切って脳を移植してみませんか?
家庭の危機 2007/05/01 1 4086
お前は実は私たちの子どもじゃなくて花の妖精なの
不在 2007/04/20 1 1096
部屋に泥棒が押し入った。盗まれたのは何?
見つめ返してくる深淵 2007/04/13 1 7917
なぜ私が穴を掘っては埋めるという無意味なことをし続けているかを説明しようとすると、それには小学生時代、知恵おくれのクラスメイトの皆で馬鹿にしていたことに遡らねばならない。
この小説の読み方 2007/03/01 1 2240
この小説を読む前にこの小説の読み方をお読み下さい。つまりこの小説のことです。要はこの小説を読む前にこの小説を読んで下さいってことです。でないとこの小説は読めないかもしれません。
水平線なんかぶっ飛ばせ 2006/12/31 1 497
死んだはずの川瀬に町で出会ったのに、川瀬は俺たちのことを覚えていない。そこで俺達は
違います 2006/10/02 1 7166
自分がフィクションの中の人物だと気づいてしまった主人公。しかし彼のたどり着いた真相は真実とは微妙にずれていた。

トップページに戻る